オフィス

必要性の高いサービス

エンゲージメントサーベイのサービスを利用すれば、きちんと社員の意識を把握することが可能となります。通常エンゲージメントサーベイを利用すると50万円から300万円程度の費用が必要で、スケジュールに関しては事前に設定可能です。

詳しく見る

男性

研修とその必要性

新入社員を受け入れる際、ビジネスマナーを習得させておくことは重要になる。特に、学生から社会人になる人に対しては、研修実施が必要である。最初に社外の人と接する場として電話があり、電話応対を研修を通して学習させることがポイントである。

詳しく見る

男性

企業の成長につながる

企業と従業員のよい関係を示す従業員エンゲージメントが企業の成長には不可欠といわれています。それを調べるのがエンゲージメントサーベイであり、行うときは専門業者に依頼するのが確実です。調査するだけでなく改善しようとする姿勢が大切です。

詳しく見る

固定電話

社会人の基本を学ぶ

新入社員の苦手な業務の一つに電話対応があげられ、特に学生時代にあまり電話で話してこなかった学生にとっては時に苦痛に感じる事もあります。そのため、ビジネスマナーを入社後にしっかり学ぶ事ですぐに実践が出来る環境を整えてみると良いでしょう。

詳しく見る

会社

会社への満足度をはかる

従業員エンゲージメントには、社員が会社の理念を理解しているか、会社に愛着を持っているか、会社のために行動するかの三要素が必要となります。エンゲージメントサーベイではこの三要素を満たしているか調べることと、ベンチマークを利用してきちんと結果を分析できるかが重要になります。

詳しく見る

社会人の心得

固定電話

会社の印象を決めるマナー

ビジネスにおいて、電話対応の仕方は会社全体の印象を左右するほど重要と言われています。今回は、電話を受ける場合を中心にビジネスマナーの基本をご紹介します。第一印象を良くするには電話が鳴ったら、3コール以内で受話器を取るのがビジネスマナーの基本です。それ以上お待たせしてしまったときは、「お待たせいたしました」と言葉を添えるようにしましょう。また、第一声は明るい声を心がけましょう。いつもより少し口角を上げるように意識するだけで、声の表情も明るくなると言われています。内容はメモを取る内容を正確に聞き取るために、必ず要点をメモするように心がけましょう。利き手側には電話用のメモとボールペンを置き、反対側の手で受話器を取るように癖をつけておくとスムーズです。最低限、先方の社名、氏名は正確にメモする必要があります。相手が名乗らなかったり、声が聞き取りにくかった場合はあいまいにせずに自分から聞くようにしましょう。「失礼ですがお名前を頂戴できますか」「お電話が遠いようなのですが」といった、ビジネスマナーの言い回しをメモして手元に置いておくと安心です。保留機能を使う電話を取り次いだり、社内で相談する場合には例え短い時間でも保留にするようにしましょう。また、基本的に保留で30秒以上お待たせするのはNGです。すぐに取り次ぎができない場合や返答に時間が掛かる場合には折り返すようにします。電話を切るとき電話は掛けた方から切るのが基本です。受けた電話は、相手が受話器を置いたのを確認してから切るようにしましょう。また、先に切ってしまったとしても乱暴な印象を与えないよう、受話器は優しく置くようにしましょう。以上のような基本的なビジネスマナーを抑えておくと、電話の相手に良い印象を与え、社内での信頼もアップさせられます。ぜひ実践してみましょう。

Copyright© 2017 電話のビジネスマナーをしっかり守ろう!【社会人としての基本】 All Rights Reserved.