会社への満足度をはかる

会社

貢献したくなるためには

エンゲージメントサーベイの重要性が近年は注目されています。社員満足度調査では、企業がいかにして社員を満足させるかという一方向への働きかけに着目されていました。ですが、社員は与えられるだけでなく、企業に貢献する存在でもあります。企業が場を整えることで社員は自然と企業に貢献したいと思うようになります。こうした相互のよい関係性をエンゲージメントと呼びます。エンゲージメントを高めるためには、会社の理念に社員が共感していること、会社に対して愛着の気持ちを持ち環境に満足していること、その上で会社を高める行動をとることの三要素が必要です。エンゲージメントサーベイではこれらの三要素がきちんと調べられるかを確認しなければなりません。エンゲージメントサーベイでこれらの三要素を調べてからはきちんと分析しなければなりません。エンゲージメントサーベイを分析するときは、それぞれの要素が高いかどうかだけでなく、望ましいバランスであるかも確認しなければなりません。望ましいバランスかどうかを確認するには、ベンチマークが用意されているエンゲージメントサーベイを利用するのがおすすめです。ベンチマークとはよいエンゲージメントが構成されている企業のデータのことです。特にエンゲージメントサーベイは世界的に行われているのですが、日本版にカスタマイズされているベンチマークがあるかどうかが重要です。日本人は曖昧に答えたがる傾向があるので、それを考慮したベンチマークである必要性があります。

Copyright© 2017 電話のビジネスマナーをしっかり守ろう!【社会人としての基本】 All Rights Reserved.