研修とその必要性

男性

社会人とマナー

新入社員を受け入れる場合、まず初めに行わなければならないこととして、ビジネスマナー研修を受けさせるということがある。特に学生から新たに社会人になった人材では、ビジネスマナーを身に付けていないことが通常である。ビジネスマナーを身に付けていない人材を顧客などに合わせることで、その会社自体の信頼性低下などに繋がる可能性が有る。その為、業務に就かせる場合にはビジネスマナーを習得させておくことが必要である。新人社員において、初めて顧客と接する場として多いのが電話である。電話応対の良し悪しは、顧客からその会社へのイメージを大きく左右するものでもある。その為、特に電話に関するビジネスマナーは習得させておくことが必要である。電話マナーについては、社員の教育担当などが教える方法もあるが、基礎から教えさせるためには外部業者を活用することがポイントである。それは、社内の社員によっては一般的なルールが身に付けられていない可能性もあるため、正しいマナーを身に付けるためには外部研修が最適である。これらの研修においては、実戦形式で学べるものが中心になっている。実際の演習を通して、電話でのマナーを身に付けられるため、即実践に活用することも可能である。また、専門の研修業者では社会一般としてのマナーで教えてもらうことができるため、どこの会社からの電話に対してもイメージ低下無く対応させることができる。研修利用においては、実戦中心の講座を利用するとより良い。

Copyright© 2017 電話のビジネスマナーをしっかり守ろう!【社会人としての基本】 All Rights Reserved.